スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

少年野球での変化球

少年野球での変化球の使用は禁止です。

理由は、成長期の子供の体を保護する目的で定められているからです。リトルリーグでは変化球の使用は禁止されていないようです。しかし、変化球の使用が子供の体に負担をかけることには変わりありません。

少年野球では、変化球は反則投球となります。変化球を使用するとすべてボールとなり、、警告を受けることになります。警告を受けた投手がさらに変化球を使用した場合、交替させられ、同一試合で投手になることはできません(投手以外の守備位置にはつくことができます)。

変化球かどうかの判断は審判員が行います。審判員によってジャッジが分かれるケースもあります。とはいえ、子供の体、将来を考えたら、変化球の使用は避けるべきです。

では、変化球を使用できない少年野球で、投手がバッターを打ち取るためにはどうすればいいでしょうか。それは、ストレートの緩急を使い分けること、おして、間を変えることです。

具体的な方法として、全力で投げるような表情とフォームで緩い球を投げたり、リラックスした表情で速い球を投げたりする演技も、意外と効果があります。試してみてください。

少年野球の間は、変化球の投げ方を覚えるよりも、正しい投球フォームを身につけることが一番だと思います。ランニングやストレッチなどで身体能力をあげるのを優先させた方が将来のためになるし、早道かもしれません。

自宅でのトレーニングで指や手首が柔らかくなるように、お風呂でマッサージしておくのもいいと思います。将来の野球人生を考えたら、無理な投球練習や変化球の投球は避けた方がいいでしょう。コーチも両親も長い目で見守りましょう。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

«少年野球 指導 方法 | HOME | 少年野球ピッチングの指導方法での注意点»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。