スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

少年野球ピッチングの指導方法での注意点

少年野球ピッチングの指導方法で一番注意してほしいことは、子供を野球肘にしないことです。

まだ、正しいピッチング方法が身についていない状態で全力投球をしてしまうと、成長期の子供の体に大きな負担をかけてしまいます。

まず、優先することは、正しいピッチング方法をしっかりと身につけることです。実際にボールを投げる前に、立ち方の練習を繰り返し行うを心がけましょう。

大リーグのピッチャーでさえ、少年野球の頃には立つ練習を繰り返ししています。基本をしっかりと身につけることによって、故障することがない大投手になるためには必要な基本練習なのです。

軸足一本で膝を曲げずにバランスよく立ついうのは、結構難しいです。足を上げた時に頭を動かさない、足の裏全体に体重をかけるなど、チェックポイントはなさそうでたくさんあります。

確かに地味な練習方法ではありますが、立ちが完璧にできれば、しっかりしたピッチャーになれるはずです。立ち方をしっかりマスターしたら、いよいよ次は投げ方に入ります。

正しい腕の使い方、体重移動ができていることを確認の上、ピッチング練習に入りましょう。ボールではなく、鏡に向かってタオルを使ったシャドウピッチングも正しい投げ方を身につけるのには非常に効果的です。

日本臨床スポーツ医学会では、「小学生の場合、全力投球は1日50球以内、試合を含めて週200球を越えないこと」と提言されています。コーチの方はこの点もしっかりとチェックしてください。

全力投球でたくさんのピッチング練習はやめましょう。体が成長期に入っています。まだ、これからがある子供たちですから、無理な練習はやめましょう。地味にみえても、基礎を積み重ねるのが結局は一番の近道なのです。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

«少年野球での変化球 | HOME | 少年野球バッティングの効果的な指導方法»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。