スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

少年野球バッティングの効果的な指導方法

少年野球バッティングの効果的な指導方法を紹介します。

打てないで悩んでいる子供をバッティングセンターに連れて行っても、逆効果になってしまうケースもあります。打てない理由は、正しいバッティングフォームがしっかり身についてないことが原因です。

まずは大きな鏡の前で、自分のバッティングフォームをチェックしながら、素振りをすると、正しいバッティングフォームが身についていくと思います。

バットを振る回数がもんだいではありません。ゆっくりでもいいですから一回の素振りに集中して、正しいスイングが出来ているかを確認する方がより効果的です。

これは練習相手が必要になってしまいますが、トスバッティングも少年野球バッティングの指導方法としては非常に効果があります。

子供も素振りよりトスバッティングの方が、実際にボールを打つという体感ができますので、より楽しく練習が出来ると思います。ただし、トスバッティングは、ボールを使うので近所迷惑にならないように注意しましょう。

ボールは20個から50個くらい用意しておくと、フォームをしっかりチェックしながら、ボールを投げてあげられると思います。ボールを集める時間も短縮主できます。通販などで中古の軟式ボールを買ったり、発泡スチロールで作ったり、新聞紙を丸めてガムテープでボールを作ったり、バトミントンのシャトルを使うなど、いろいろ工夫してみてください。

ここで注意点ですが、闇雲に打つのではなく、その都度、修正箇所を意識してバッティング練習することが重要です。素振りとトスバッティングを一日30分三ヶ月も続ければ、きっと結果が出るでしょう。

子供だけでバッティング練習を続けるのは難しいと思います。大変ですがお父さんやお母さんの協力が必要になります。この練習で実践に生かせたらうれしいと思いますよね。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

«少年野球ピッチングの指導方法での注意点 | HOME | 少年野球自宅での効果的な練習方法»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。