スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

松井秀喜の子供の頃

松井秀喜の子供の頃の夢は、プロ野球選手かパイロットになることだったそうです。
共通点は、どちらも大好きなものだということです。

小学生からの座右の銘は、「努力できることが才能である」という言葉。
小学3年生の頃、父の昌雄さんから教わったもので、昌雄さんが半紙に書いたその言葉を、ずっと机の前に貼っていたとか。

誠実さから周りの信頼を集めていたのは、少年時代からのようです。
こんなエピソードがあります。

松井が所属していた少年野球クラブの主将を決める時のできごと。
このクラブでは、毎年慣例として引退する6年生が次の主将を決めていました。

松井が5年生の年、引退する先輩が選んだのは、
その年に入部したばかりの松井選手ではありませんでしたが、選ばれた選手が中心になり、同級生で話し合った結果、監督に願い出て松井を主将にしたそうです。

人柄をあらわすエピソードは、中学生時代にもありました。
それは、松井選手が中学2年生の時の、中部日本中学野球選手権大会でのできごと。

決勝戦で惜しくも敗れ、3年生はその試合を最後に引退ということになりました。
松井選手が試合に出たことで、ベンチで引退を迎えた3年生に、準優勝メダルを差し出したそうです。
「僕らは、来年金メダルをとるので」と。

その他、甲子園の時のことなど、松井選手の人柄や信条をあらわすエピソードは尽きません。
これらは、「松井秀喜ベースボールミュージアム」や能美市観光物産情報サイト「55nomi(ココノミ)」でも紹介されています。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

« | HOME | 佐々木主浩の子供の頃»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。