スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

イチローの子供の頃

「毎日の努力はずっと続けていれば必ず報われる。その遙か彼方の一本のろうそくの灯りにたどり着くことができる。」
この言葉は、イチローの父、鈴木宣之氏の言葉です。
(鈴木宣之氏著『父と息子』による)

イチローの子供時代は、父なしでは語れません。
幼い頃からプロ野球選手という目標を持ち、それに向かって誰よりも努力してきたと有名なイチローですが、その陰には常に父の支えがあったのです。

3歳で野球をはじめてから、野球三昧の日々を送ってきたイチロー。
帰宅後、明るい間は町営のグラウンドで、日が落ちてからは、バッティングセンターで練習。

そこにはいつも父の姿が共にありました。
厳しくはなく、褒めることでイチローを伸ばしたそうです。

朝晩息子の足裏マッサージをするのも日課だったとか。
長時間の練習は体力的、精神的に厳しいものだったでしょうが、この二人三脚があったからこそ練習を継続することができたのでしょう。

イチローは小学校の卒業文集に、「夢」という題で作文を書いています。
はじめにプロ野球選手になるという夢、次に、夢を叶える経緯が書いてあり、最後には、叶えた時にしたいことまできちんと書かれています。
小学生とは思えないみごとな思考回路です。

夢や目標を明確にし、それを文章にすることが夢を叶える第一歩だと言われます。
イチローは子供の頃から、既にそれを実践していたのですね。
また、夢があったから努力を続けられたのではないかと感じさせられる作文です。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

«野茂英雄の子供の頃 | HOME | 目標にする野球選手がいる意味とは?»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。