スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

子供筋力トレーニングの注意点

子供筋力トレーニング注意点としては、第一にビタミンやミネラルなどの栄養素を充分に摂ること、そして負荷をかけすぎないことを心掛けることです。

骨端線(軟骨と骨の境目)が開いている子供は、重い負荷をかけたトレーニングを行うと、骨端線が傷つき、成長障害を起こす危険性が非常に高いです。子供が筋力トレーニングをすると身長が伸びなくなるとよく言われるのは、このためです。

また、体の成長にたくさんの栄養素を必要とする時期でもあります。栄養の偏りには充分に気をつけましょう。もし、栄養素が足りていないのに筋力トレーニングを行うと、本来なら体の成長に使われるはずの栄養素がトレーニングで消費されてしまいます。

必要に応じてサプリメントもうまく利用して、カルシウムなどのミネラル、各種ビタミン、タンパク質が不足しないように日々チェックしていきましょう。骨や関節がきしんでいるように感じる時には、筋力トレーニングをしないようにするのも大事です。

筋力トレーニングをしていて、少しでも体の異常を感じたら、すぐに筋力トレーニングを止めて、症状によっては医師の診断を受けてください。骨端線が閉じる17歳頃までは、筋力をつけることよりも、骨端線を傷つけないことを最優先しましょう。

スクワットや腕立て伏せなども骨端線に負担をかけてしまうので、やりすぎるとよくないです。オススメは軽いダンベル、負荷の軽いゴムチューブなどを使って、軽負荷トレーニングを行うことです。

なるべくゆっくりとした動きで、反動を使わずにトレーニングすると、より効果的です。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:スポーツ全般 - ジャンル:スポーツ

  スポンサードリンク

少年野球コーチの悩みを解消について

少年野球のコーチはいろいろと大変です。昔と違い、トラブルも多いです。そんな悩みを持ったコーチと選手がコミュニケーションをとれるブログを目指します。

«子供ランニングの注意点 | HOME | 子供の持久力を上げるには»

これで解決
Ranking
プロフィール

baseballcoach

Author:baseballcoach
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
少年野球 (8)
コーチ (4)
子供トレーニング (6)
子供の目標 (6)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
parts
  • seo


ホームページ作り方

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。